理論

電験三種試験合格への道 – “今思っていること書き出し法”でやる気を引き出す方法

1. 不安を払拭し、やる気を引き出す”今思っていること書き出し法”

電験三種試験への取り組みは、能力不足や不安との戦いがつきものです。しかし、その中でもポジティブなアプローチで克服できる方法があります。
“今思っていること書き出し法”とは、試験勉強を始める前に、自分の不安や疑念をノートに書き出す方法です。これにより、頭の中のモヤモヤが整理され、前向きな気持ちを取り戻すことができます。不思議です。ぜひやってやみてください。「眠た、しんどい、だるい」こんなことでいいんです。書きたいだけ思っていることを書いて下さい。それが終わると。

2. 過去問への集中的な取り組み

過去問学習は、試験合格への鍵です。過去の出題傾向や問題の形式を理解することで、効果的な対策が可能となります。過去問を解くことで、問題のパターンを掴むと同時に、解答方法の習得も進みます。過去問学習は、自信をつける手段としても非常に有効です。

3. (1)(2)(3)(4)(5) – 答えを覚えることが成功への鍵

今、この瞬間の電験三種試験では、答えを覚えることが合格への近道です。特に(1)(2)(3)(4)(5)のどれかを過去問”理論”20年分、覚えることで、20点を確実に獲得することができます。このアプローチは、理論試験においても、能力に自信がない人々にとって非常に効果的です。定期的な復習を行うことで、答えを長期間記憶に定着させましょう。
分散試験の移行期間、だからこその作戦です。いずれ、たくさんの先生たちが、初見問題を作り出すでしょう。

4. 自分を奮い立たせ、成功に近づけるステップ

リラックスした状態で自分の気持ちを整理します。不安や疑念をノートに書き出すことで、それらに立ち向かう準備を整えることができます。そして、(1)(2)(3)(4)(5)の過去問答えを覚えるプロセスを始めましょう。徐々に記憶が定着し、自信が芽生えてくるでしょう。

5. 成果を実感し、電験三種試験に臨む

(1)(2)(3)(4)(5)を覚えた自信を持って試験に挑みましょう。過去問学習と”今思っていること書き出し法”を組み合わせることで、試験当日の緊張感を和らげることができます。成功への一歩を踏み出す準備が整ったことで、自信を持って挑戦することができるはずです。そして、集団会場ではなく、一人で受ける受験を選択しましょう。

以上の方法を取り入れることで、電験三種試験への取り組みがより効果的で成功に近づくことでしょう。自身の不安や疑念に向き合いつつ、確かな対策を進めていくことで、合格への道が開けることを願っています。ちなみに、この方法で、理論のみ僕は60点取れました。電力は20点でしたけど。

ABOUT ME
dendendennki
青果業界30年。膝の靭帯断裂で仕方なくビルメンに!理数系が高校時代偏差値50だった55歳の僕が1年間で電験三種の理論と機械の2科目合格を目指します!理論は磁気と静電気と回路計算のみ。機械は、直流機、誘導機、変圧器、同期機のみ。過去問を毎日勉強して50点を確実に取ることにします。